PRODUCTS

TYPE-Aってどんな改造?

音痩せにご不満をお持ちではありませんか?
もっとピッキングのニュアンスを追求したくありませんか?
そんなご希望にお答え出来るのが、SOUNDHIGHのTYPE-Aモディファイです。


音痩せ対策

世の中には数多くの多くのモディファイモデルがあります。
その多くは、高級パーツを用い、ハイファイ的な改善を目指したモディファイです。
しかし、ギターを弾く時に物足りなく思うのは、ハイファイ度だけでしょうか?
もっと太くしたい、もっとヌケるようにしたい、アンサンブルの中で埋もれない音にしたい。
そんな気持ちになりませんか?

TYPE-Aモディファイでは、
ハイファイ化するところはハイファイ化し、ヴィンテージの良いところは素直に認めてヴィンテージ系パーツを惜しまず、ハンダにも線材すらにも拘っています。
元のエフェクターのキャラクターを損なわず、足りないところを補う。
そんな、太さとヌケの良さにこだわったモディファイです。


ピッキングのニュアンス

チューブアンプで歪ませた場合と較べ、エフェクターで歪ませると、ピッキングのニュアンスが失われると思ったことはありませんか?
TYPE-Aモディファイでは、そんな対策も施してあります。
プレイヤーの表現力をブーストする、そんなモディファイです。
副産物として、深く歪ませてもダンゴになりにくい等の効果も得られています。


True Bypass ではない理由

エフェクトOFF時の音質の劣化を避ける為の方法に、True Bypass 処理があります。
確かに、エフェクトOFF時の音質劣化を最小限に抑えることが出来ますが、よく考えてみてください。
エフェクトON時には、その劣化した音を加工しているわけです。
これでは元も子もありません。

そこでTYPE-Aモディファイでは、入力バッファを丸ごと入れ替えています。
その結果、ギターの生音を充分に生かすことに成功いたしました。
OFF時の音痩せも、劇的に改善されています。


さて、こうして仕上がったTYPE-Aモディファイの音とは!

ただジャラ〜ンと鳴らしただけではオリジナルと大きな差がないように感じるかも知れません。
いや、むしろ地味な音に感じるかも知れません。
しかし、じっくり弾きこんでみて下さい。
まず、引き締まった中低音が音に厚みを与え、太くヌケが良くなった印象を受けるはずです。
深く歪ませたときでも決してダンゴ状態にならず、個々の音がしっかりと出て、オリジナルでは無くなっていたものがしっかりと出ている事に気づくでしょう。

そして何よりも弾きやすくなったと感じるはずです。
微妙なピッキングのニュアンスやフィンガービブラートにも表現力が増しているのが実感出来ると思います。
「弾き易さ=表現力」
これこそが、TYPE-Aモディファイなのです。

2009/02/24